美容皮膚科宝塚ヒルズクリニック

072-758-1632

ウルトラセルQ+ よくある質問一覧

HIFU・ウルトラセルQ+

効果に関する質問

施術時間はどのくらいですか?
施術内容、照射部位によって異なりますが、全顔のリフトアップ治療の照射時間は平均400ショット照射した場合10~12分程度です。詳細は医師もしくはスタッフにお尋ねください。
効果のピークはいつ頃ですか?また、1回の治療でどのぐらい効果が続きますか?
ウルトラセルQプラスによるリフトアップ効果は、治療直後から約2~3ヶ月後にかけて徐々にあらわれ、平均6ヶ月効果が持続いたします。
※効果のあらわれ方には個人差があります。
ウルトラセルQプラスは、何回ぐらいで効果が出ますか?
多くの方は1回目の治療後から効果を実感されます。その後、患者様のお肌の状態やご希望により2回目以降の治療を行うことがあります。より効果を出すためには1ヶ月空けて2回程度続けることをお勧めします。 ※効果のあらわれ方には個人差があります。
痛みはありますか?
痛みの感じ方には個人差がありますが、わずかに熱感があります。効果を出すために出力を上げると痛くなります。麻酔クリームは不要ですが、ご心配な方は担当医師にご相談ください。 
日常生活に支障はありますか?
ありません。施術後すぐにメイクも可能です。2.0mmカートリッジ使用時にミミズ腫れのような赤み、かゆみを伴うことがありますが、これらは一時的な反応です。
日焼け後の施術は可能ですか?
日焼け直後は皮膚が熱を持っている状態ですので思わぬ副作用を招きかねません。日焼けが落ち着いてからの施術をお勧めします。

治療に関する質問

ウルセラリフトの治療中に、痛みはありますか?
通常は麻酔不要ですが、あごや額など部分的に熱感や軽い痛みを感じることがあります。SMASに働く4.5㎜はずしんとした痛みを感じます。3.0㎜はほとんど痛くありません。1.5㎜を使用する際は麻酔クリームを塗ると痛みが軽減されます。痛みに不安を感じる場合は、お気軽にご相談ください。
ウルセラリフトが受けられないのは、どんな場合ですか?
「治療の流れ」ページ内の「治療に関する注意事項」に、治療が受けられない場合や事前に医師への相談が望ましいケースをご紹介していますので、ご参照ください。
ヒアルロン酸注入またはボトックス注射を行っている場合も、ウルセラリフトを受けることはできますか?
ヒアルロン酸の注入部位に施術をする場合は、薬剤の種類や量にもよりますが、大体1か月は空けてください。ボトックスに関しては、1週間も空ければ大丈夫でしょう。詳細は医師にご相談ください。
以前、糸を使うリフトアップ手術を受けたのですが、ウルセラリフトを受けることは可能ですか?
糸のタイプによっては可能です。金の糸などの金属が入っている場合は基本的にはウルセラは受けられません。溶けるタイプの糸(吸収糸)であれば6-8か月程度で吸収されますので、その後であれば治療可能とされています。ウルセラリフトを受ける前には、念のため担当医にご相談ください。
ウルセラリフトの治療後の赤みや腫れ、痛みは、どのくらい続きますか?
施術直後の赤みは30~60分程度でおさまります。施術当初は深部の熱変性に伴う腫れが数日続きますが、ほとんどが他人からはわからない程度です。頬や下顎では筋肉痛に似た鈍痛が2-3週間続きます。詳しくは医師にご相談ください。
ウルセラリフトは、顔以外でも治療を受けることができますか?
顔以外にも、首やデコルテの細かいしわに対して治療が可能です。詳しくは、医師にご相談ください。
治療後のスキンケアで、とくに気をつけることはありますか?
まず、たるみやしわ、しみなどの原因となる紫外線からのダメージを避けるため、日焼け止めクリームを塗るなどして、UVケアを行うようにしましょう。また、お肌が乾燥して水分不足の状態になると、しわやたるみなどの原因になることがあるため、十分に保湿を心がけましょう。